この方法で借り入れを減らそう

1060659

だんだん物の値段が消費税とか円安で物がどんどんあがりますねこのものがどんどん上がると言うことは日本の円がどんどん価値がなくなるていうことですねつまりよりいっそう円の存在がなくなりランク落ちしてしまうということですね早い話が円の勝ちがより紙くずに近くなることを

意味してるんですねそこで円のかわりにドルを買うんですそしたら円が今後どんどん安くなってもドルを持っていれば価値は下がることはないですからそれだけでもなにか得した気分になるんですねその差額分を借金返済できるという筋書きなんですが今後将来的には更なる円安が続く

と思うんですなぜてそれは日本は莫大な借り入れがあるからですこのまま行くますます借り入れ
は膨らみただの紙くずに近い存在になると思います円高のとき80円だったレートが今は120

円ですからこれだけ見ても確実に円安の方向に進んでいるのは確かですですから円をドルに変えることにより差額レートが稼ぐことができるということですね買い方としてはドルは金券屋さん
に行けば買うことができるんで簡単にドルが手に入ります多少手数料をとるところもありますが

微々たるもんです金券屋でドルがかえるて気軽に買えますメねあたかも八百屋でなすびやキューリやトマトを買うのと同じですむつかしくないです。

ダイエットと併合して借金返済できます

ダイエットてかなりしんどいですねそれにしんどさの感じるし苦しい毎日を余儀なくされます
それがダイエットであり借金返済なんですダイエットでは毎日少しずつ体重を落としていきますよねこれと同じで借金返済もいかにして少しでも借金を返済しようかと試行錯誤を繰り返します

どちらもにているところが多いですねダイエットでも急激に体重を落とすことができないのとおんなじで借金返済も急激になくすことはできないんです毎日の苦労が実るか実らないかは努力しだいですねある程度ダイエットと同じ用な感じで食費を最小限に抑えることが出来ればかなり

食費をうかすことができますからその分を借金返済に回せば少しでも負担が軽くなるかとおもうんですいかにして安い食材を選ぶかで勝負が決まるんですですから欲しいものを衝動買いした
時点で負けになるんです又その逆にその日の費用が食材を安く買いお金が余るようでしたら勝負

は勝ちなんですですから毎日の食材を安くあげることでお金が余るぶん勝ちを続けることにより
将来的にもそれが癖が月お金を貯める方向に向かうこれにより借金返済の方向にどんどんいき返済できるんですねこの借金返済方法はダイエットににているのですよ。

1060665

漫画はけっこうお宝が多です

1060666

漫画て読みますか読めばどんどん夢が広がるのが漫画ですねわたしも漫画は昔小学生や中学生
のときよく読みました漫画でも10巻とか20巻という感じで継続している漫画はみんな次のかいはどんなアクションがあるのかどんな筋書きのなるのかワクワク心ときめくものがありますね

こんかいはこの漫画をテーマにしてすこしでも借金を減らしていこうというのが狙いなんですよ
やはりここでも人気のある漫画はやはり値段も高くつきますねこの漫画も1冊では安いですが
連載で10巻、20巻と言う感じになると高値が付くんですここに目を付けるんですなにかせど

少し違うんですせどりは商品を1品1品、品定めして安い商品を選び高い値段で販売するんですね漫画の場合はひとつの商品をセットで販売しますですから連載が10巻あれば10冊さがさないといけないんです10冊探すことで高値になるんですねつまりバラバラな感じの本をあちの

BOOKセンターこちのBOOKセンターを渡り歩かないといけないのでそれだけ集めるのに手間がかかるんですその分集めればお¥高値が付くのですねどうですかこの方法で漫画の販売をして少しずつ借金返済するのもいい考えと思いませんか漫画好きの人向きですね。

家の中の不用品を減らしお金にかえるんです

1060660

家の中の押入れとかタンスのなかにいろんな不用品が誰しも置いてあると思うんです今回はこの不用品をどうするなで少しでも借金を減らすことが可能ですのでこの方法で減らしましょう。
押入れを開けてみたらいらなくなったパソコンやゲーム機、CD昔のレコード、絵。かけじく、

版画、ねむっている貴金属、などいろんな商品が押入れやタンスの中に眠っていると思うんです
これらの商品は自分は不用品でもう使い道がないと思っていたものでも他人にしたらすごいお宝
価値がある場合があるんですですからこれらの商品を引き取る業者があるんですね又宅配便で引

き取る業者とか無料査定してくれる業者もいろいろあるので押入れやタンスの中にしまいこんで
品物を販売してもらうことで借金をすこしでも少なく減らせるんです業者によっては即金で支払いをしてくれるところもあるので即金でもらいたい人は助かりますね。

いろいろサービスのいい業者さんはダンボールを無料で進呈してくれる所とか商品を送り販売してもらえたらポイントがもらえてそのポイントで買い物ができるところもあるんです自分では、
もういらないものでもほかの人にとっては必要な物も多いですから自分がこんなものゴミだと

思っても業者に見てもらえばかなりのお金になるケースもありますよ。

自己判断で解決しようとしない事。借金は先々を見据えた上で。

借金を繰り返していた知人がいましたが、その人を見ていて学んだ事が沢山ありました。

最初は親戚や友人からお金を借りていた彼は、なかなか約束通りに返す事が出来ず、次第に信用を失っていき、一人また一人と彼の周りから人がいなくなっていきました。

借りれる相手がいなくなった彼は、簡単に借りれてしまう事を良い事に、ヤミ金に手を出してしまい、返済をするためにまた違うヤミ金から借金をするというのを繰り返し、どうしようもなくなった彼は、夜逃げまでする事になりました。

それでも逃げ切る事は出来ず、自己破産か自殺かというギリギリまでいった所で、支援団体の助けによりヤミ金からの借金地獄からようやく抜け出す事が出来たのです。

まず一番大切なのは、借金自体をしないという事ですが、どうしてもしなければならない状況もあるかと思います。
そういった場合は、簡単に借りられるという理由からヤミ金などに手を出してしまうのではなく、きちんとした金融機関できちんとした手順を踏んで借りるという事が何より大切です。

また、借金によってどうにもこうにも首が回らなくなってしまった時など、自分一人で抱え込んで切羽詰まってしまうのではなく、相談に乗ってくれる機関などを利用して、助けを求めるのも大切な事です。
自己判断での解決は、時に危険を伴います。

何よりも、借金は、むやみやたらにするのではなく、先々の返済などを見据えた上で、計画的にする事が大事です。

1060654

将来いざという時に使える貯金の大切さについて

人は生きていれば、当然お金を使います。日常品は食べるためには必要です。お金の使い道は住む家や、移動手段である車など、少額から、まとまった金額まで様々です。

1060649
しかし、使い方は、人それぞれ違います。節約して、貯金をする人もいれば、もらったお金は湯水のように使う人もいます。
よく若い頃はいろいろな経験をしてお金は貯めずに使ったほうがいいと言われます。そうは言っても、若い頃しかお金は貯められません。
50代、60代になってから、いざお金を貯めようと思って働き口を見つけるのは大変です。しかも、お給料はかなり少ないでしょう。
だから、適度なお金の使い方が大切です。働いているなら、毎月の貯金額を決めて、残ったお金の中で、使うようにしなければなりません。
全く使うお金がないなら仕方ありません。節制しなければならない時ということです。
しかし、ローンを組んでまでお金を使わなければならない時があります。それは住宅です。住宅に関しては、住む家を買うので多額のローンは仕方ありません。しかし、それでも、なるべく頭金は多くしましょう。毎月の返済が10万では生活が成り立ちません。なるべくお金を貯めて頭金を増やせば、毎月の返済が楽になります。

当たり前のことを確実に返済生活に反映させる極意

当たり前のことを当然のように行う、これは社会に出たらより一層難しく感じるかと思います。社会では当たり前のことをこなすには雑念が入り込む余地が大きく、気が散ってしまうからです。実は債務整理でも同じことが言えるのです。

仮にあなたが借金をすることになった場合、借り入れ当初はパーフェクトな返済計画と生活内容を考えることでしょう。そして、それを当たり前に実行することができるのは、借金経験者の中でも一握りです。お金がたくさん入りすぎてしまい、ついつい気が大きくなって生活が緩むからです。

本来のお金の使い道を決めていたにもかかわらず、高級スイーツに手を出してしまったり、趣味の買い物をしてしまったりと人物の特徴や状況により違いはあれど行っていることは同じです。それらを防止するための極意を、今回はあなただけに伝授したいと思います。

確実な返済生活を送るためには、毎日の収支を記録しておきましょう。チラシの裏でもいいですし、パソコンのデータとして管理するのもおすすめです。こうしておくことで、返済生活中の無駄遣いを可視化することに繋がるのです。

この方法でもダメなら、今度は信頼することができる人物にお金を管理してもらいましょう。

1060650

仕方ないローンなどの借金としてはいけない生活が苦しくなった時の借金

借金は良くないことだと思います。
しかし、日常的に嫌だなと思っていても借金をしなければならない時はあります。

例えば、車や家を購入するためにローンを組むことが挙げられます。
ローンを組むような大きな買い物は現金で全額払うのが難しいものなので、借金をしてしまうことは仕方ないと思います。

借金をする時は返せるかを考えてからするべきです。
ローンなどは毎月返済する金額が決まっていて、自分の給料や生活にかかるお金を考えた時に返せる金額だと判断して毎月の返済額が決まっているかと思います。

その場合の借金は多少生活に負担がかかったとしても、生活が苦しくなる程ではないかと思います。
してはいけない借金というのは、生活が苦しくなってお金が足りなくなってからする借金です。

この場合の借金は今後返せるかということが確実ではなく、まとまった収入が近いうちになければ返すのが難しいものとなります。
借金は借りているお金なので、必ず返さなければなりません。

高い利子を取られると更に返済するのが難しくなるので、利子がないか良心的な利子で貸してくれる身内の人に頼むのが良いですが、相手との信頼関係を壊さないようにするような注意が必要です。
借金を繰り返す人は一度自分の生活を見直し、まず節約を心掛けることが大切です。

1060656

してもいい借金、してはいけない借金

借金と聞くと、一般に負のイメージを持つことが多いのではないかと思います。ですが考えてみれば、お金を借りるということそのものは、いいも悪いもないような気がします。問題は借金の中身なのではないでしょうか。
借金は、お金を借りたい人がいるだけでは成立しませんよね。必ず貸す人の存在が必要です。借金の中身を考えるとき、貸す側の動機を考えるのも一つの方法だと思います。

1060661
例えば貸す側が自分の利益を目的にしている場合には、借りる側は「お金を借りる」なんていう軽い気持ちでいたのでは失敗するかもしれません。むしろ「借金を買うのだ」くらいのつもりでいたほうがいいでしょう。
「借金」を、大切なお金を払って買うのです。「借金」を手に入れるために払うお金が、貸す側の利益です。借金を返すほかに、借金を買った代金を払う――それでも借金を買いたいかどうか、各自が判断するとよいのではないでしょうか。
それとは別に、奨学金や、各種の組合が融資するお金は、学生が学業を続けるためにとか、組合員が営業を続けるため、発展させるために貸し出されるお金です。これらは必ずしも貸し手の利益のためではなく公的な性格を持っています。
そういった借金をできるチャンスを、「借金を背負うのは良くない」という思い込みで利用しないで、可能性を捨ててしまうとしたらもったいない場合もありますよね。
一言で「借金」とくくってしまわずに、何のために相手は貸してくれるのかを考えることも、一つの判断材料だと思います。

借金を黙ってしている人へ。自己破産したらどうなる?

1060667

借金がもう自分の力ではどうしようもないぐらい膨れ上がっていて、返せない、これ以上は引き伸ばせないもう限界まできている人には良く耳にする自己破産がありますよね?
破産してしまえば確かに借金をかえさなくてはならないという義務はなくなります。
ですがそれと引き換えにプライドや自由、お金には変えることのできない大切な物までも失ってしまいます。
持っている家がある人や財産がある人はそれを売らなくても借金を減らす方法はあります。
自己破産ありきで話をすすめるのは少し考えたほうがいいと思います。
自己破産はできるだけ他人に知られたくないという人が多いと思います。
他人に知られることはまずありませんが、同居している家族には隠し通すことは非常に困難だといえます。
自己破産をしたからといって裁判所から家族に連絡されるようなことはありません。裁判所から送られてくる通知などはあくまで本人宛になっています。
ですので、本人が在宅していて、家族にしれず郵便物を受け取ることは可能かもしれません。
ですが、自己破産は財産の整理が必要になります。
申し立てる際も別居の家族に関して裁判所が収入を証明する書類を提出しろとは言いませんが、同居の家族になりますと収入を証明する書類の提出を求められます。
この場合は家族の協力なしではできませんので、同居の家族がいる場合、ばれずに自己破産をすることは不可能であると考えられます。
ですので、だまって借金をしていた方は自己破産する際は家族に正直に打ち明け、協力を得ることが大事になります。